nav-left cat-right
cat-right

建築に関した資格の測量士について

建築関連の資格の中で、測量士という資格があります。測量士とは、道路、ビル、家屋などや都市開発や土地開発、橋や鉄道、トンネルなどの公共事業、土木や建設工事に必要な不可欠な仕事です。測量士は、測量法によって土地の測量を行う専門家です。建築現場や建設中の建物、工事が行われる予定地などの正確な位置や高さ、面積などを測定器などを使って計画的に専門的な測量を行い、それにしたがって計画や図面の作成を行います。この測定の結果によって、工事などの計画が進められていきます。土地開発などを進められている中、新たに建設を行う上で、測量の専門的な技術が重要であり、測量がなくては建築を始めることができません。そして、常に正確さを求められる仕事でもあり責任は重大と言えます。測量士は、国家資格です。測量作業を行うだけではなく、測量を行い計画を作成するのが測量士です。そして、測量士を測量士が作成した計画にしたがって、測量業務を行うのが測量士捕です。

建築基準適合判断資格者は国家資格です...

建築基準適合判定資格者は建築士の設計に係る建築物が第6条第1項の建築基準関係規定に適合するかどうかを判断します。
建築基準判断資格者検定は国家資格で、建築基準法第5条の規定に基づいて行われます。
受験資格は一級建築士試験に合格したもので、建築行政又は建築基準法第77条の18第1項の確認検査の業務その他これに類する業務で定められたいくつかに関して、2年以上の実務経験を有するものに限られています。
試験日は年一回8月下旬で試験申し込みは6月ころになります。試験の概要は、考査Aが建築基準法第6条1項の建築基準関係規定に関する知識及び建築行政または確認検査の業務等に関する実務の経験についての論文。考査Bが建築基準法第6条1項の建築基準関係規定に関する知識、となります。受験地は札幌市、仙台市、さいたま市、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市です。詳しくは国土交通省(国家資格のご案内)のホームページでご覧いただけます。

各種の建築資格とその資格内容について...

建築の資格で最も有名なものは、一級建築士・二級建築士ですが、これ以外にも木造建築士・構造設計一級建築士・設備設計一級建築士が建築の国家資格として認められています。一級建築士は、事実上全ての建築物の設計・施工管理を行うことができ、二級建築士では、延べ床面積が300平方メートル以下の建築物などの設計・施工を行うことができます。木造建築士は、2階以下で300平方メートル以下の木造建築物の設計・施工管理ができ、また、一定規模以上の建築物においては、構造設計一級建築士と設備設計一級建築士が設計に関わるか、その建築物の適合性の確認審査を彼らに受けねばなりません。一級建築士及び二級建築士の試験は、年1回行われ、その合格率は一級建築士で10パーセント程度、二級建築士は20から30パーセント程度となっています。田中角栄元総理がこうした建築の資格を議員立法で骨折り、一級建築士の第一号となったとの逸話がありますが、実際に一級建築士第一号になったわけではないようです。

建築の資格である一級建築士

建築関係の資格に一級建築士資格があります。一級建築士とは、国土交通大臣の免許を受け一級建築士の名称を用いて、設計、工事監理等の業務を行う者(建築士法2条2項)です。
一級建築士は建築士法3条で以下のような施設等の設計および工事監理を行うことができると定められています。
・学校、病院、劇場、映画館、観覧場、公会堂、集会場、百貨店の用途に供する建物で延べ面積500㎡を超えるもの。
・木造建築物または建築の部分で高さが13mまたは軒の高さが9mを超えるもの。
鉄筋コンクリート造、鉄骨造、石造、煉瓦造、コンクリートブロック造もしくは無筋コンクリートの建築物または建築の部分で、述べ面積が300㎡、高さが13mまたは軒の高さが9mを超えるもの。
・述べ面積が1000㎡を超え、且つ、階数が2以上の建築物等
一級建築士の資格は国家資格で、年1回、学科は7月下旬、製図は10月上旬に試験があります。受験地は住所地の都道府県、建築士会が指定する場所となります。

建築の資格って何だろう。

建築業に携わるためには、どんな資格が必要になるのでしょうか。というのも、先日国内で誰もが知っているお寺のことです。そちらのお寺の特殊な床を作っているのがわたしの出身地でした。それも地元でとても有名な会社で、わたしでも知っている会社です。その会社のお仕事に感銘を受けて「もしももう少し早い段階で、この事を知っていたらわたしの人生も変わっていたかもしれないな。」って珍しく長い時間頭から離さない程でした。そこで建築業の資格について知ってみようと思ったのです。これは実務経験を重ねて受験資格を得る一級建築士や二級建築士、木造建築士資格が国家試験として存在するようで、これは世界的に見て稀な資格制度と言えるそうです。また3年の実務経験を経て受験が可能となる建築施行管理技士資格として、一級建築施行管理技士、二級建築施行管理技士資格が、これも国家資格としてあるようなのです。とても難しそうですね。わたしにも目指せるか不安です。